OUR POLICY

消費市場を知り、ターゲットの文化や価値観に合わせたマーケティングにアジャストしていく。

日本の多くのマーケットが縮小する中、海外市場への挑戦・拡大を検討・実践している企業はまだまだ多いと思います。
海外でビジネスを行う場合、製造や営業、経営管理に人的リソースを振り向けることは非常に大事です。
しかし、「誰に、どのような製品・サービスを『どういう価値』で売っていくのか」をしっかりと持たなければそもそものビジネスの成功はあり得ません。
今、ASEAN市場へ目を向けている多くの企業は(潤沢な資金・人材を投入できる一部の企業を除いて)、現地に振り向けることのできる人的リソースに悩んでいます。特に進出初期には原料を調達し、製造して流通市場に乗せる、といういわゆるサプライチェーンを整えることに一生懸命になることでしょう。
では果たしてそれでビジネスは軌道に乗り、発展するでしょうか?
消費市場と考える、その国の人たちの生活がどのようなもので、何を毎日使っていて、どのような悩み(ニーズ)があり、どんな価値をどのように表現して提供することによって「自分たちのものだ」と感じてもらえるのか-この一連のプロセスを知り、現地のマーケットに「浸透」させないと本当の成功とはいえない、と我々は考えます。本来マーケティング部門が負うべきこの役割は、海外においては非常に重要にもかかわらず、進出初期だからこそなかなか潤沢に人材や資金を投入できない、という悩みをお持ちの企業様は多いと思います。
また、人材はいても何から手を付けてよいのかわからない、というお悩みもよく伺います。
私たちは、そういった企業様のマーケティング機能を補佐すべく、マーケティング機能代行を請け負います。